注意喚起と新しいSM什器

2016/07/22 ::Infomation

注) 蝋燭等の汚損・備品窃盗が起きています。
注) 被害金額の大小に関わらず車両情報を元に被害届を出しています。
注) ロウソクの使用はお断りいたします。発見した場合は清掃代宿泊費の2倍を頂戴いたします。

お電話での説明はしておりません

「SM什器」を設置しました。

・診察台


・拘束ギロチン


・パルテノン
parutenon

△ページトップへ

お知らせ

2016/06/25 ::Infomation

クレジットカードでのお支払いは「室料」「延長料金」に限らせて頂きます。
※室料は税抜き表示

電話受付時間9:00~25:00迄
(受付時間外の電話は不通となります)

宿泊は 19:00から 基本料金でご利用いただけます。

☆宿泊割引のご案内☆
※年末年始、大型連休等の「特日」は割引対象外とさせて頂きます
※予約でのご利用の場合は割引上限は¥1.000-まで

・土曜日 と 祝前日   21:00以降より基本料金¥1,000‐引き

・日曜日 ~ 金曜日   20:00以降より基本料金¥1,000-引き
                 21:00以降 は 基本料金¥2,000-引き

「ユーチューブ」で「ホテルマキシム」と検索すれば部屋の雰囲気、その他マキシムの紹介動画が見れます)

※多数量のキャリーケース等の持込はお断りしております。
荷物は 各室 休憩1個、宿泊2個です(コンビニや女性の鞄は除く)

◎複数名でのご利用について◎

☆3人で利用できます。※但し、3人同時チェックイン・料金割り増し・同性3名不可
☆2カップルで利用できます。 ※男性3名・女性1名は利用出来ません。

※男性様1名又は男性様のみでのご利用はお断り致します。
※カップル様は同時チェックアウトとなります。
※パーティー等を開催することはできません。

△ページトップへ

ご予約・ポイント会員ついて

2014/04/15 ::Infomation

☆現在「初めてのご利用のお客様」「100分休憩」の予約はお受けしておりません。

1・ご予約は「部屋指定が出来る2回目以降の」又は「ポイント会員」のお客様とさせて頂いております。
2・ご予約には「お名前」「携帯番号」をお聞きします。

※指定された部屋の変更はできません。
※ポイント会員券発行は¥100-です。但し100ポイントバックしますので実質0円です。

★下記、時間にチェックインが可能であるか確認お願いします。
 

※予約はご利用予定日の10日前より受付いたします。
下記、時間チェックインできるお客様といたします。

休憩の場合  平日 10:00~13:30まで
          土、日、祝日、特日 10:00~12:30まで
宿泊の場合  希望時間から25:00まで


・REST、STAY共に一日3件まで
・メールでのご予約はお受けできません。お電話にてお願いいたします。
・受付時間9:00~25:00迄、電話受付04-2946-4919(時間外は電話は繋がりません)

マキシム

△ページトップへ

ルーム料金、サービスタイムのご案内

2014/04/01 ::ルーム料金・サービスタイムのご案内

ルーム参考画像

103-1

独特な雰囲気がある空間

☆クレジットカードでのお支払いは「室料」「延長料金」に限らせて頂きます。

101号室~112号室
100分REST   ¥3,963-(税別)・¥4,436-(税別)
その他REST   ¥5,241-(税別)・¥5,713-(税別)

※24:00以降のチェックインはSTAY料金のみとなります)
※07:00~08:59・19:00~23:59のチェックインはサービスタイム適応外となります。

STAY ¥8,232-(税別)・¥9,241-(税別)

※チェックイン時間による割り引きあり
※STAYは全日19:00から基本料金でご利用いただけます。
※STAYのチェックアウトは一律12:00です。


※延長料金 20分¥639-(税別)
延長料金につきましては客室、フロントの電波時計を基準に計算しております。
ルームキーをお客様にお渡しした時間からルームキーをフロントに
返却(無人に)した時間を基本時間とし1分過ぎより延長料金が発生いたします。

☆サービスタイム☆

・平日(月~金)

一部 09:00~13:59のチェックインは「19:00まで利用可」 

二部 14:00~16:59のチェックインは「21:00まで利用可」


三部 17:00~18:59のチェックインは「INより4時間」 

・土、日、祝日(特日)
 
一部  09:00~11:59のチェックインは「17:00まで利用可」

二部  12:00~16:59のチェックインは「INより5時間」

三部 17:00~18:59のチェックインは「INより4時間」

※サービスタイムは通常のREST料にてご利用頂けます。
また、前日のSTAYからRESTへの切り替えはチェックイン時にお申し出ください。(ご予約の関係上ご希望に添えないこともございます)ぷんすか

△ページトップへ

ロウソクの使用、その他

2014/04/01 ::Infomation

当ホテルはロウソクの使用は許可しておりません。
よってロウソクは使用者が清掃してください。
ロウソクの清掃代は宿泊費の2倍を頂戴いたします。
客室でロウソク等を使用し事故等が発生した場合はお客様へ風評被害も含め賠償して頂きます。
不燃性のシート準備は必要です。
新聞紙などは絶対におやめください。

・ベッドやソファーの移動の禁止
・フロアーでのローション行為による汚損
・寝具を汚損する失禁、潮吹き等の汚損

発見した場合「フロント又は駐車場」にて引き止め」「次回からのご利用のお断り」させて頂きます。

△ページトップへ

事故防止、個人情報の取り扱いについて

2008/10/01 ::Infomation

事故等防止及び個人情報の取り扱いについて

当施設はすべてのお客様へ事故防止の観点から下記の項目の厳守及びご理解にご協力いただいております。

・同伴者と同時チェックイン、同時チェックアウト。
・チェックイン後、定員人数の追加はできません。
・男性様だけでのご利用はお断りいたします。
・お車は二台目から鍵をお預かりいたします。
・車両ナンバー、車種のチャック、をしております。
・駐車場及びフロント周辺は防犯カメラの録画をしております。
・三名様でのご利用は独自に規制しております。
・1部屋4名以上でのご利用はできません。(1利用1組)
・頻繁に部屋を出入りすることはお断りいたします。(規制中)
・当ホテルの許可なく他の方(知人等)を部屋に招きいれた場合、即チェックアウトしていただきます。
・柱や窓枠にぶら下がったりする行為はおやめください。
・共用場所での撮影行為は禁止しております。

個人情報保護方針
当施設は、お客様の個人情報がお客様にとって重要な守るべきものであるとともに、当施設にとっても重要な情報であると認識しております。当施設は、お客様の個人情報を適切に守り、お客様との信頼関係を損なわないために、次のようにすることをここに宣言します。

1 個人情報の取り扱いに関する規程類を明確化し、就業者に周知徹底します。

2 個人情報保護のための体制を確立します。(厳重保管後5年又は10年にて焼却)

3 個人情報は裁判所命令又は物品盗難、設備破損等、必要不可欠と判断した場合以外は情報開示いたしません。

4 個人情報に関する法令及びその他の規範を遵守します。

☆お知らせ☆

当ホテルでは「チェックイン」時、汚損事故の注意事項を皆様にお願いしていると同時に客室にも注意事項が書かれております。
また備品の持ち出しやドリンク等の申告をせずチャックアウトされた場合の対応及び禁止事項。


☆汚損事故を起こした場合、下記のご請求をいたします。

・客室の原状回復にかかる費用または清掃費の負担(5,000円~300,000円)
・原状回復工事が完了するまでの休業補償(1日20,000円×日数)
・汚損した物品の弁償(時価)
・客室の窓からのゴミeteの投げ捨ての場合の清掃費(5.000円~20.000円)


☆備品の盗難&申告漏れ
被害届けを所轄警察に出させていただきます。
利用者様へ請求書を郵送いたします。(送料別途請求)
※ドライヤーeto、ドリンク申告無し

☆当ホテルでは下記のような行為は厳重に禁止しております。
・共用場所での猥褻行為またはそれに類する行為。
・雑誌の取材または雑誌記載目的での立ち入り。
・個人レベル以外での撮影機材の持ち込みの禁止。
・他のお客様が不快に思われる行為。

施設運営会社
埼玉県所沢市新郷204-24
株式会社 マキシム

△ページトップへ

マキシム アクセスマップ

2007/01/30 ::アクセス



上の地図をクリックしますと、
詳細な地図情報がご覧いただけます。

所沢インターからのアクセス方法を動画にてご案内
https://youtu.be/YVe_RNQqNOI

関越所沢ICから航空公園方面2km。
(所沢インターから5個目の信号
浦和所沢バイパス(国道463号線)沿い
新郷の交差点をUターンをするように右折し
100m先の細い林道を左折

※当施設は「風営法4号」施設のため「野立て看板(誘導看板)」を設置しておりません。
お電話をいただければ「所沢インターから」「航空公園(国道463号)から」のご説明をいたします。

△ページトップへ

アクセス

2005/11/27 ::アクセス



店舗名称 ホテルマキシム
サービスタイム あり
アクセス 関越自動車道所沢ICから5分
動画にて案内してます。https://youtu.be/YVe_RNQqNOI

JR東所沢駅よりタクシーで1.000円強
     
住 所  埼玉県所沢市新郷204-24
ご予約  04-2946-4919 (9:00~25:00迄)
お問い合わせ  hotelmaxim@aol.com
※食堂で(一時閉鎖中)風紀を乱す行為(公然猥褻)は即退館または警察に通報します
・クレジットカード利用可(※飲食、物品料金は現金にて)
・ルームサービスあり
・複数の入室可(3名まで)※ただいま規制中
・外出は同伴者と一緒に1時間以内(深夜25:00まで)※ただいま規制中

△ページトップへ

宿泊規約

2005/09/23 ::Infomation

●ホテル利用上のお願い

ホテルの公共性と安全性を確保する為、当ホテルをご利用のお客様には、宿泊約款第9条に基づき下記の規則をお守りいただくようお願い申し上げます。この規則で、定められた事項をお守りいただけない場合には、ご利用をお断りすることもございますのであらかじめご承知下さい。
1.ベッドの中など、火災の発生しやすい場所では、喫煙なさらないで下さい。
2.当ホテルで、暖房用、炊事用等の火器及びアイロン等は、ご使用にならないで下さい。
3.当ホテルに次のようなものをお持ち込み及び行為はなさらないで下さい。
(イ)動物などペット類一般
(ロ)不潔または悪臭のため、他のお客様に迷惑をかけるもの
(ハ)著しく多数量、規程以上の物品 (当ホテルが許可した場合は除く)
(ニ)発火又引火しやすい火薬類、油類又は危険性のある物品
(ホ)保持を許可されていない銃砲、刀剣類
(ヘ)日本法令に反する薬物等(麻薬等)
(ト)販売目的(AV撮影等)での撮影機材の持ち込み
※商品を発見した場合は法的手段及び違約金をご請求いたします。
4.当ホテルで、他のお客様にご迷惑を及ぼすような高声、放歌及びテレビやラジオの音量を大きくする等喧騒な行為はなさらないで下さい。
5.客室の扉を開放することは防犯上、厳重に禁止いたしております。
客室外の施設を利用する場合はナイトウエアー等衣類を必ず着用してください。
頻繁な客室の出入り、外出は施設の性質上お断りいたします。
6.当ホテルで、とばく又は風紀を乱すような行為はなさらないで下さい。
7.当ホテルで、みだりに広告物の配布、掲示又は物品の販売等をなさらないで下さい。
8.客室やロビーを事務所、営業所がわりに使用なさらないで下さい。
9.当ホテルの梁、柱(オブジェ)にむやみにぶら下がったりする行為はおやめください。
10.共用場所での撮影は他のお客様に対するプライバシー侵害の恐れがあるため禁止しております。
11.当ホテルの諸設備、諸物品を他の場所へ移動させること等、現状を変更するようなことはなさらないで下さい。(ベッド、ソファーの移動の禁止等)
12.ご宿泊に際し、現金・貴重品は、各自が管理し盗難等の事故について当ホテルは一切の責を負いません。
13.不可抗力以外の事由により、建造物、備品その他の物品を損傷、紛失又は汚染された場合は、休業補償及び弁償していただきます。
14.お忘れ物の保管期間は、当日日より3ヶ月とさせていただきます。但し体液等の付着している可能性の物品については処分いたします。
15.ご宿泊期間の延長を希望される場合は、すでに経過した期間の料金をお支払い下さい。
16.客室内の電話をホテル外への通話でご利用の際は、施設利用費が加算されます。
17.当ホテルの施設をご連名でご利用される場合は、必ず客室キー及び宿泊カードをご提示下さい。
18.当ホテルでのお忘れ物は、保管期間(三ヶ月)経過後は廃棄処分いたします。

●宿泊約款
第1条(適用範囲)
マキシム(以下当ホテルという。)が宿泊客との間で締結する宿泊契約及びこれに関する契約は、この約款の定めるところによるものとし、この約款に定められていない事項については、法令又は慣習によるものとします。
第2条(宿泊契約の申し込み)
当ホテルに宿泊契約(宿泊料金を支払いした時)をしようとする者は、次の事項を当ホテルに申し出て頂くことがございます。
(1)宿泊者の氏名、性別、国籍、職業及び住所
(2)外国人についてはパスポートの提示
(3)その他当ホテルが必要と認めた事項
第3条(宿泊契約の成立等)
  宿泊契約は、当ホテルが前条の申し込みを承諾したときに成立するものとします。
第4条(宿泊契約締結の拒否)
当ホテルは、次の場合には、宿泊の引受けをお断りすることがあります。
(1)宿泊の申し込みがこの約款によらないものであるとき。
(2)満室(満員)により客室の余裕がないとき、一名様(男性のみ)でのご利用
(3)宿泊しようとする者が、宿泊に関し、法令の規定又は公の秩序若しくは善良の風俗に反する行為をするおそれがあると認められるとき。
(4)宿泊しようとする者が伝染病者であると明らかに認められるとき。
(5)宿泊に関し特別の負担を求められるとき。
(6)天災、施設の故障その他やむを得ない理由により宿泊させることができないとき。
(7)泥酔又は言動が著しく異常であって、身体衣服が著しく不潔又は露出度が高く他の宿泊客に迷惑をかけるおそれがあると認められるとき。
(8)客室、館内にて大声等で騒いだり客室へ多数を招き入れ著しく隣接している客室に迷惑したと判断した場合。
(9)当ホテル敷地内で金品を授受し業に類すると判断した場合。(売春行為等)
(10)暴力団及び暴力団が事業活動を支配又は支配する法人、団体の一員であると認められたとき。

第5条(宿泊客の契約解除権)
1.宿泊客は当ホテルに申し出て、宿泊契約を解除することができます。
2.当ホテルは、宿泊者が、宿泊契約の全部又は一部を解除したときは、別表の違約金申し受け規定により違約金を申し受けます。
3.当ホテルは、宿泊客が連絡をしないで宿泊日当日の25時(あらかじめ予定到着時刻の明示されている場合は、その時刻を0.5時間経過した時刻。但し、25時を限度とする。)になっても到着しないときは、その宿泊契約は宿泊客により解除されたものとみなし、処理することがあります。
4.前項の規定により解除されたものとみなした場合において、宿泊客がその連絡をしないで到着しなかったことが列車、航空機等公共の運輸機関の不着又は遅延その他宿泊客の責に帰さない理由によるものであることを証明したときは、第2項の違約金は頂きません。
第6条(当ホテルの契約解除権)
当ホテルは、次にあげる場合においては、宿泊契約を解除することができます。
(1)第4条第3号から第9号までに該当することとなったとき。
(2)第2条第1号から第3号の事項の明告を求めた場合において、期限までにそれらの事項が明告されないとき。
(3)第3条締結後に契約内容を変更する行為を求められた場合
当ホテルは前項の規定により宿泊契約を解除したときは、その予約についてすでに収受した予約金があれば返還します。
第7条(宿泊の登録)
1.宿泊客は、宿泊日当日、当ホテルのフロントにおいて、次の事項を必要に応じて登録していただきます。(1)第2条第1号の事項
(2)外国人にあっては、旅券番号及び国籍
(3)出発日及び出発予定時刻
(4)その他、当ホテルが必要と認めた事項
第8条(客室の使用時間)
宿泊客が当ホテルの客室を使用出来る時間は、到着時刻より一回目の切り替え最終時刻までとします。
当ホテルは、前項規定にかかわらず、チェックアウト時間を越えて客室の使用に応ずる場合があります。この場合においては、次に掲げるとおり追加料金を申し受けます。
(1)20分  639円(税込690円)
(2)2時間30分3時間以下  室料金の全額
(3)サービスタイム適用  室料金の全額
第9条(利用規則の遵守)
1.宿泊客は、当ホテルにおいては、当ホテルが定めて当ホテル内に掲示した利用規則に従っていただきます。
第10条(門限)
1.当ホテルは25(午前1時)時を門限とし1時間以上の外出は固くお断り致します。
第11条(料金の支払い)
料金は、通貨又は当ホテルが認めた宿泊利用券にて前払いしていただきます。
宿泊客が客室の使用を開始したのち、任意に宿泊しなかった場合においても宿泊料金は申し受けます。
第12条(当ホテルの責任)
1.当ホテルは、宿泊客に契約した客室の提供ができなくなったときには、宿泊客の了解を得て、できる限り同一条件による他の宿泊施設をあっ旋するものといたします。
2.当ホテルは、前項の規定にかかわらず他の宿泊施設のあっ旋ができないときは、違約金額相当の補償料(宿泊予定部屋の50%)を宿泊客に支払い、その補償料は損害賠償額に充当いたします。ただし、客室が提供できないことについて、当ホテルの責めに帰するべき事由がないときは、補償料はお支払いいたしません。
第13条(寄託物等の取扱い)
宿泊客がフロントにお預けになった物品又は現金並びに貴重品について、滅失、毀損等の損害が生じたときは、それが、不可抗力である場合を除き、当ホテルは、その損害を賠償します。但し、当ホテルがその種類および価格の明告を求めた場合であって、宿泊客がそれを行なわなかった時、当ホテルは五千円を限度としてその損害を賠償します。
宿泊客が、当ホテル内にお持込になった物品又は現金並びに貴重品であってフロントにお預けにならなかったものについては一切の責を負わない。
第14条(駐車の責任)
1.宿泊客が当ホテルの駐車場をご利用になる場合、車輌のキーの寄託の如何にかかわらず、当ホテルは場所をお貸しするものであって、車輌の管理責任まで負うものではありません。
第15条(宿泊客の責任)
1.宿泊客の故意又は過失により、当ホテルが損害を被った場合には当該宿泊客は当ホテルに対し、その損害を賠償していただきます。 (汚損、盗難等)

埼玉県所沢市新郷204-24
施設名称 ホテル マキシム
運営会社 株式会社 マキシム 

△ページトップへ

ホテルマキシムへのリンクについて

2005/07/01 ::Infomation

ホテルルマキシムへのリンクは以下の設定でお願いいたします。
ご注意! リンクは必ずTOP http://www.hotel-maxim.jp こちらにお願いします。


■ 200x40サイズのバナー ■



パソコン用URL http://www.hotel-maxim.jp
IMG http://www.hotel-maxim.jp/img/ba200x40.jpg





■ 88x30サイズのバナー ■


パソコン用URL http://www.hotel-maxim.jp
IMG http://www.hotel-maxim.jp/img/ba200x40.jpg

△ページトップへ